ゲームPCを購入前に必ず確認しておくべきこと

ゲームPC購入前はプレイするゲームを把握しておくべき

ゲーミングPCが欲しいと思っても複数あり値段にも大きな違いがあります。一番やってはいけないことは過剰スペックのPCを高く買ってしまうとコスパが悪くなってしまうことです。メインでやりたいゲームによって要求されてくるスペックが変わってきます。例えば古いけど今現在でも人気のゲームになってくるとハイエンドPCなどは必要なく中スペック、高スペックのゲーミングPCで十分となります。

 

また最新ゲームを中心にプレイするとなると高性能なCPU、グラフィックボードが必要となってきます。なので購入前にメインでプレイするゲームにあたりをつけることが大切です。どのゲームもプレイする場合はハイスペック、ハイエンドモデルを選ぶのが妥当です。それ以外は自分の用途に合わせたスペックのPCを選ぶ方がコスパよく周辺機器も揃えることができます。

 

過剰スペックだとなぜコスパが悪いのか?

確かにゲーミングPCはスペックの高い方が色々なゲームを快適にできます。しかしプレイするゲームの要求が低いのに過剰スペックPCを買うとまず電気代が高いです。高性能なパーツは消費電力も高くなります。

 

そしてパソコン本体価格が大きく変わってきます。4万〜5万円程度は値段が変わってきます。それなら丁度よいスペックのPCを買って周辺機器を揃えたり爆速化させるためにSSDなどを搭載させる方にお金を回した方が快適なゲーム環境を作ることができます。

 

その他にゲーム以外の使用用途を考えてみる

ゲームを中心に使用するためにゲーミングPCを購入する人がほとんどだと思いますがゲーム以外の用途も考えみましょう。例えばクリエイター業務を行う。動画編集や画像編集にも使うなどの場合はCPUは高性能な方が使うツールの動作や処理に影響を与えてきます。

 

また動画、画像などをたくさん録画してストックしておく人はストレージ容量に気をつけましょう。大容量となるHDDなどを搭載させると多くの自分好みの画像、動画をローカルでストックしておくことができます。

 

最後は予算を決めて範囲内で最高級のスペックを!

プレイしたいゲーム、ゲーム以外で使うパソコンの用途などが決まったら続いて予算を決めます。予算内でどこまで揃えるのかも考えておきたいですね。本体のみで15万円の予算なのか、周辺機器、モニターも揃えて15万円にするのかで選ぶべきゲーミングPCも変わってきます。

 

その予算内で出来る限りスペックの高いPCやプレイしたいゲームの要求をクリアしているパソコンを選ぶのが賢い選択方法になります。

 

今ではBTOメーカーのパソコンもカードローンなどを組めるようになっていますが高いPCは高いです。日々の生活にかけるお金が減るとゲームも買えなくなります。なので予算以上を無理して出すと良いことがないので予算はしっかりと決めて範囲内で買い物をしましょう。