マウスを甘く見ているとゲームに勝てないぞ!

マウスが変わると滑らかなエイミングが可能になる!

ゲームパソコンのように高性能になってくると非常に繊細で滑らかな映像を映し出すことができる。これは視認性といった面でも有利となる。遠くにいる敵もくっきりと見えるようになるので低スペックPCを使っている人よりも有利な立場になるのだ。

 

同じく正確なエイミングを実現してくれるデバイスがマウスである。とくに正確なエイミングを必要となるようなFPSゲームにおいてはマウスの差も戦績に大きく影響を与えてくるアイテムとなる。

 

まずゲームにおいてどんなマウスが良いのかを説明すると自分の手にフィットする。そしてDPIが低DPI〜高DPIまで幅広く設定ができるタイプのマウスを使うのが一番だ。またMMOなど複数のボタンを使う場合は多ボタンマウスやマクロ機能が使えるマウスを使った方が技を出すスピードが変わってくる。

 

FPSゲームにおいてはとにかく手の持ちやすさ、そして照準の滑らかさを実現できるDPIになるだろう。FPSにおいては極力シンプルなマウスの方が扱いやすいと感じている。

 

滑らかなマウス操作を実現するにはマウス設定が重要

ゲーミングマウスの設定はWindows側、マウスドライバー側でするのが一般的である。基本的にWindows側ではマウスの加速センサーを切る。そしてマウス感度をドライバー側に依存させるので極力、マウス感度を低くするようにすると良い。Windows側の設定が完了したら続いてマウスドライバーを起動させてDPI感度を調整しながらマウスを動かして自分が丁度良い感度になるように設定をすると良い。

 

ここでマウス操作にはハイセンシ、ローセンシといった言葉がある。ハイセンシは少ないマウスの動きで大きくカーソルを移動ができる設定である。つまり真後ろにいる相手もすぐに反応できるのが最大の魅力であるが目がついていかない。照準が動きすぎて相手を捉えるのが難しくなるなどのデメリットも存在する。

 

逆にローセンシは大きなマウス操作で少ないカーソルの移動を実現してくれる。こちらは確実に繊細な動きを実現できる反面、真後ろなどの振り返りには大きなマウス移動が必要となるため動きが遅くなってしまう傾向がある。

 

どちらが良いかはこちらも一概にない。
自分のやりやすい感度や操作を意識して調整してみることが大切。マウス設定はDPIを高くした方が細かいマウスの動きを読み取ってくれる。なので感度調整はWindows側ではなくドライバー側のDPIで調整をした方が良い。これだけは変わらない。これを意識して自分に合った最適なマウス感度を探して欲しい。