ゲームパソコンは冷却性能が大事だぞ!

冷却性能の高いパソコンはゲーム向き

パソコンの温度管理を甘く見ている人が多い。普通のパソコン作業であればそこまでCPU、GPU温度は上がらない。というか負荷も低いので備え付けのCPUクーラーで適切な温度を保っていられる。しかしゲーム用途になると普通の作業以上に負荷が高いため常にCPU、GPUは忙しく働いている。そのため温度管理をしっかりとしないと熱暴走するなどパソコントラブルに見舞われることが多くなってしまう。

 

では冷却性能の高いパソコンとはどういったPCなのだろうか。

 

答えは簡単である大型ファンをつけていたり複数のCPUクーラーを搭載しているパソコン、また空冷ではなく水冷と呼ばれる冷却水を循環させてファンを回す空冷式クーラーなどが冷却効果の高いパソコンになる。

 

そしてCPUクーラー以外に大切になるのがエアフローである。要は空気の通り道がしっかりと確保されているパソコンの方が冷やすために出している風を上手く外に吐き出してくれる。このエアフローというのは筐体が大きいほど効果を発揮してくれる。つまりゲームパソコンは小さいパソコンよりも大きなパソコンの方が冷却効果が高く向いていると言えるのだ。

 

なのでエアフローが最も悪いノート型パソコンはあまりゲーム向きとはいえない。確かにゲーミングノートPCといった商品もあるが排熱処理が非常に悪い。長時間利用しているとすぐにパソコン本体が熱くなり動作に影響を与えかねない。その点、デスクトップ型でもミドルタワー以上になると安定したエアフローを実現してくれてCPU、GPUの温度を一定に管理してくれる。

 

CPUクーラーは空冷と水冷ではどっちがいいのか?

これは人それぞれだが簡単に言うと水冷の方が冷却効果は高いとされている。しかし、空冷でも大型ファンであったり複数のクーラーを搭載させればしっかりと冷却してくれるので費用対効果を見たり、メンテナンスの利便性を考えて取り付けることが大切。

 

気温が寒い時は外気も冷たくパソコン本体もボディは冷やされておりしっかりと冷却できるが問題は夏である。夏は外気も暑いのでパソコンの温度が上がりやすい時期だ。なのでゲーマーとしてパソコンの温度管理に過敏になりたい季節が夏場である。これさえ乗り切れば十分にパソコン本体は快適に安定していることが多い。

 

では夏場に関しての冷却効果を高める方法であるが空冷の場合ならファンを増設したり部屋にクーラーがあるなら部屋を涼しくして風を冷たい温度に保つと良い。それができないのであれば常に一定の温度で冷却効果を望むことができる水冷クーラーを選んだほうが無難な選択と言える。どちらが正解といったわけではない。予算の関係もあるので一概に水冷が良いとも言い切れないのが現状だ。自分の置かれている部屋の温度などを調べてみて決めて欲しい。